Uberをバンコクでも乗ってみた感想


東京やサンフランシスコで使ったことのあるUber(ウーバー)。
今や世界中の45都市で使われているサービスになりました。

uber-world2014
2014.9.17時点

9月上旬にタイのバンコクに行った時もUberを使えることがわかっていたので、一度は使おうとトライしました。
 

 
バンコクのUberってどう??
  
滞在の最終日にバンコク市内でも交通量の多いチットロムからプロンポンまで乗車しました。
キャリーケースを引いていたので徒歩とBTSで移動するよりも楽で時間も早いのではないかと思い、スマホでUberが近くにいるか検索。

uber bangkok

お迎えまで約10分だったので乗車依頼をして、滞在先のコンドミニアムをチェックアウト後、ロビーでUberを待ちました。

uber-driver-bangkok
 
今回の車種は、TOYOTAのCAMRYとのこと。

私はさほど車の車種に興味がないのですが、記載されているということはどんな車かが大事な人は、日本同様バンコクにもいるのでしょうね。

私は、CAMRYのことを「キャムリー?」と呼ぶくらいですから…(^^;

そして、依頼から10分後、無事到着。

uber bangkok toyota camry

赤いナンバープレートなので新車登録して正式なナンバープレートをもらう前なのですね。
ということは、新車だ〜〜(^o^)/

でもちょっと汚れが…ボディが黒いから目立ちますね(苦笑)。

uber bangkok toyota  camry

後ろにキャリーケースを積んでもらいました。
さて、どのくらいの時間と料金がかかるのでしょうか…。
 
 
迂回路を通ることになりました
 
uber bangkok 車内
 
コンドミニアムから出発してBTS沿いの大通りであるスクンビット通りを走っていたら、まっすぐ行くはずの道路で左折することになりました。

ドライバーさんが、「今はまっすぐ行けないから左に曲がって迂回しても良いか?」と聞いてくれました。

『ほんとだ!なぜか一通になってる!?』

バンコクの道路事情はまだよくわかりませんが、6車線ある道路で5車線が登り、1車線が下りでその細い1車線を走っていたのに、今度は0車線…なんだそれは?と不思議でした。

時間帯によって変わるのだと思いますが、まだ国際免許では運転できない都市だな、と思いました(^^;
 
 
目的地に到着!
 
当初の見積もりよりも距離が長く時間もかかりましたが、快適に目的地へ着けました。

uber-bangkok2014

200バーツは日本円で約3倍なので600円ちょっとくらいです。
バンコク在住の方には「高い!!」って言われそうですが、東京都内でタクシーに乗るのと変わらない金額なので、短期滞在社には「まぁいいよね。」って思えてしまいます。

迂回分ルートがうねうねしてますが、このようにどのルートを辿ったかがユーザーにもUber側にも記録として残ります。

その後、このドライバーさんの評価を☆いくつ、という形で送るので、サービスの向上にもつながります。
ドライバーとしては常に評価されているので、ドキドキかもしれませんね。

今回のドライバーさんは、非常に丁寧な対応をして下さいました。
ドアを開けて下さり、荷物の積み降ろしもし、迂回時には確認もとり(英語です)、安全運転で…バンコク市内ではクオリティの高い対応なのではないでしょうか。

バンコクの一般のタクシードライバーさんはふっかけてきたり、目的地がわからないと連れてってもらえなかったり(カーナビもiPadもないので)、いろいろ不安はあります。

その点、Uberは金額は高いのですが、バンコクが初めてであったり慣れていない旅行客にとっては安心を買えるかと思います。
(乗車中、シート脇に置いてあるペットボトルのお水も飲んでOKです。)
 
 
Uber Japan のクーポンは使えなかった

余談ですが、東京で使えるUberのクーポンは使えませんでした。
国を跨ぐので管轄も違うでしょうし、当然といえば当然。

引き落としは、自動的に登録していたクレジットカードの一番上が適用されるようです。
(複数カードの中から指定できたのかな?)

もしUberを使ってみたいという方は、新規登録の際にクーポンをもらえるのでお得に使ってみて下さい。

→ Uberのクーポンゲット&登録
 
 
関連記事
 
日本でもUberを使ってみたら、高級車だった

シェアする?

フォローする?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です