行きつけのお店をシェアするアプリ BEST10


best10 app
 
私のお気に入りの飲食店をここに登録
 
食べログ、yepl、大手飲食店検索サイトやアプリがあるなかで登場した「BEST10」(ベストテン)というアプリ。
自分の行きつけのお店を10店舗まで登録して、Facebookの友達とシェアできるというものなのですが、果たしてどんな使い方ができるのか?
個人的にFacebookアカウント登録をして使ってみました。
  

best10 app

一番右のアプリがApp Storeからインストールした「BEST10」です。
そのままですのでわかりやすいですね(^^)

このアプリをポチッと押すと、10秒ほどの動画のトップページが出てきます。

best10 app
今は画像なので動きませんが、このぼんやり夜の街の風景で人が歩いて行くシーンです。
渋谷の交差点のような感じでした。

すでに登録してしまった後の画像なので、Facebookからの登録ボタンはありませんが、ここで登録が面が表示されました。

Facebook連携アプリって、いろいろ情報抜かれて勝手に使われることもあるので不安だったのですが、開発者の方に聞きましたら、勝手にFacebookウォールに情報を流したり友達情報乱用したりすることはしない、ということでしたので安心しました。

アプリを広めたい側としてはマーケティングとして大多数へリーチで来た方がいいのでしょうが、それはしないで身近なところからじわりじわりと広まっていくほうがちゃんと使ってくれるユーザーが集まるのではないか、とお話していました。
(文言は私の解釈で書いておりますのであしからず…^^)
 
登録後は、3つのボタンをチェックしました。
 
 
1つ目のボタン:My List

best10-mylist

自分の行きつけのお店を登録するところです。
行きつけという自分としてもお店側としてもすでに親しい仲のお店ではなくても、お気に入りのお店、大好きなお店、でもよいと思います。

私は、カフェをしている友達のお店と最近お気に入りのお店を登録しました。

best10 cafe登録

こちらは最近お気に入りの表参道にあるコーヒースタンド「OMOTESANDO KOFFEE」です。
何が良いのかは、世界カフェブログに詳細紹介していますので参照下さい。
 
 
お店の登録方法
 
best10 店舗登録

店名を入れると、自動で候補を上げてくれます。
ぐるなびで登録されているお店は、店名以外の情報(電話番号、住所、最寄り駅、営業時間等)もあげてくれるようです。

電話番号検索もできます。
 
best10 店舗登録

追加情報のキャッチコピーや紹介文、写真は自分で入力します。
写真は、自分の携帯に保存されている写真からピックアップできます。

プレビューで確認もできますので、自分の登録したお店の情報がどのように見られるか一度チェックしておきましょう。

IMG_5367-0.PNG

基本情報と追加情報を載せて登録します。

best10 店舗登録

登録が完了するとこの画面(10軒中何件登録されたかが分かる画面)が出ます。
 
 
2つ目のボタン: Friends

best10-friends
 
ここを押すと、Facebook友達でBEST10アプリを使っている人の一覧が表示されるようです。
私は使い出したばかりなので【Facebook&BEST10ユーザーの友達】は1人でした。
 
best10 friends
 
これから人数が増えていくとシェアできるようになって、面白いのではないかと思います。
 
 
3つ目のボタン:Settings
 
best10-settings
 
SETTINGSは、以下のような画面が表示されます。
必要部分は開いてみておくと良いと思います。
 
BEST10 settings
 
 
登録後、使ってみての感想
 
私は無類のカフェ好きなので、友人のBEST10に入っているカフェを見て、行ってきました。
一緒に行ったわけではなく、1人で行ってきたのですが、面白かった!

ぐるなびにも友人の紹介にもない現地情報を収集できました。

「好きなとこに座っていいよ!」
入り口のドアを開けて早々、目の前のカウンター内にいるスタッフさんが一言。

最初、私に言ってると気づかず、店内を見回していたのですが、同じ台詞をもう一度言われて、私に言っているんだと気づきました。
フランク…初めてのお客さんに○○していいよ!って言えるのがすごい(笑)。

がぜん、興味津々。(この人に)
他のスタッフさんもかっこいい男性が多く、こちらは日本の飲食店らしい丁寧な対応。

料理は、人気の自家製ローストビーフのサンドイッチ(SSサイズ)とエスプレッソを注文。
アメリカンでボリューミー、スープもついていて、とても美味しかったです。

で、食べ終えてお会計をしにレジにいったら、興味津々になった方が対応してくれて、
「いいね〜、素敵だねぇ。」と私と私がいた席を確認しながら(?)一言。

『なにが!??』

頭の中で勝手に推測が働き、
『全部平らげたことが? 粗相がなかったことが? 1人で来てモクモクと食べて帰る感じが?』
と意味もなく答えを探してしまいました。

『この人、おもしろい!』
そう思わせられたカフェでした。

そして、この店舗を紹介していたFさんがなぜBEST10に入れているのか?
それを改めて聞きたくなりました(^^)

おそらく、その人が感じたお店の良さは、私が今回行って体験した内容とは異なると思います。
そして、私が体験したことは、その人にも当てはまるのかといったら、そうではない可能性があります。

スタッフさんだって違っていたことでしょう。
ランチタイムに行くかサパーに行くかでも違うでしょう。

同じお店でも体験する内容、自分がよいと感じ取る部分、着目する点は人によって全然違います。
行く度にそのお店への期待や感じ方も変わるでしょう。

また、行きつけのお店を紹介してくれる人と一緒に行くと違うお店に見えたりもするものです。

誰(どんな関係性の人)と行くか、何を食べるか、いつ行くか…
改めて飲食店の紹介アプリの使い方を考える機会をいただけました。

知らない人がお勧めするお店より、Facebookを利用している友達がお勧めするお店を使ってみる。
使うにつれてどんどん面白さを味わえそうで、楽しみです。
 

>> 自分の行きつけのお店を10軒まで登録してみんなでシェアできるアプリ☆

シェアする?

フォローする?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です