バンコク女一人旅3泊4日のまとめ


タイのバンコク一人旅へ行ってみよう!

bangkok 空港

初めての1人海外旅行に選んだタイのバンコク。

5月末にバンコクへ行ってみようと思ったのは、たまたま知り合った日本人女性がバンコクに住んでいたから。

タイのイメージって自分の中では、
「暑い」
「衛生面で不安あり」
「何話しているかわからない人多い(タイ語の会話)から不安」
というポジティブなイメージが正直あまりありませんでした。

でも、タイに住んでいる知人がいるというだけで、がぜん興味津々な国に(^^)

周りでもタイに行って楽しかったとか住んでいるとかいう情報が入ってくると、
『去年の7月はマレーシアのKLに行ったし、タイも行けそう…!?』
と思えるようになり、タイの中でも栄えているバンコクに1人で行くことにしました。

ただ、このときちょうどクーデーターが起こったと言う報道が日本でも流れ治安警戒中な時期と重なっていました(^^;

バンコクに行くまでの事前準備

バンコクに行くと決めて、準備&確認したことは以下のものです。

  • 航空チケット予約(H.I.Sにて)
  • 宿泊先予約(H.I.Sの航空チケットとパッケージ)
  • H.I.Sに登録されたマイページの更新情報Check(特にクーデター情報)
  • his_mypage01

  • パスポート(期限6ヶ月以上あるかCheck。タイは6ヶ月とか決まりはないのですが念のため)
  • タイの通貨とレート(1B=3円前後)
  • 手荷物で機内に持ち込めるキャリーケースで荷造り
  • 現地在住の知人とメッセージやり取り(メール、Facebook、Skype)

 
 

航空チケット&宿泊先予約@H.I.S

今回は、バンコクの格安航空チケットを狙った訳ではないのですが、調べていたら3泊4日のパッケージツアーが出てきて、5月末からだしちょうどよい!と思って申し込みました。

デラックスホテルに泊まるのも安心感があり魅力的でした。

予約は、→ H.I.S公式サイト(海外ツアー)で済ませました。

bangkok hotel
実際に泊まったホテルの1階ロビー

申し込みを済ますと、必然H.I.Sの会員登録がされていて、マイページを割り当てられます。
それを見ながら新着情報や旅行日程、ツアーは決行されるかなどを確認しました。
疑問点はメールや問い合わせで事前に聞いてクリアにしておきました。
 
 

パスポートの残存期間

 
タイは残存期間6ヶ月以上などの指定はないのですが、航空会社から求められることがあるそうで、念のために6ヶ月以上あるか確認しておきましょう。
 

タイの通貨とレートCheck

 
タイ王国は、バーツという単位の紙幣とコインを発行しています。
1バーツ≒3円(2014年5月末時点)でした。

現地で現金を使う機会はけっこうありそうだったので(チップの支払い等)、2万円分は現金で持っていき、現地のレートが安いところで両替することにしました。

両替できる場所は、空港、ホテル、銀行、路上の両替所、デパートの両替所です。

事前情報にはなかったのですが、H.I.Sバスで空港からホテルまでの間で両替することもできました。
1万円を両替しているおばさま達がいる中で私は5千円。
しかも、なぜか5千円だとレートが良かった、という結果に(笑)。

おそらく、ガイドさんの計算ミスorサービスというのは内緒です。

手荷物で機内に持ち込めるキャリーケースで荷造り

 
1人で3泊4日の旅行だったので、大きいキャリーケースはいりません。
各航空会社によって大きさは若干異なるので、手荷物でOKなキャリーケースを選んで持っていきました。

手荷物のみの場合、搭乗手続きと出国手続きが時間短縮になり、非常にスムーズです(^-^)v
 
現地在住の知人とメッセージやり取り

iPhone5sはSIMフリーではなく、現地でもSIM購入はしなかったので、ホテルやカフェのフリーwifiをつないで、Facebook、Skypeでのやりとりをしました。

事前に、現地で会う人にはメアド交換したりFacebookやSkypeでつながって挨拶しました。

電話も番号そのままで使えたそうですが、それを知らず…けっこう料金もかかりそうだったのでメッセージでよかったのかなと思います。
 

バンコクは、実際に行ってみてどうだったか

bangkok cafe
 
行ったことのない中での脳内妄想より過ごしやすい国でした(笑)。

マッサージは手頃な価格で何度も通いたくなりますし、カフェもおしゃれなところが多かったです。
現地で仕事をしている日本人女性は、毎日マッサージに通っていた時もあると言っていました。
 
道路は渋滞を起こしやすいのですが(タクシーの数も半端ない!)、ある意味活気があります。
排気ガスがすごいですが……。
 
屋台では今回ご飯を食べませんでしたが、次回トライしてみたいです。

(実は、写真をいっぱい撮ったのに、MacにiPhoneから写真を移動したと思い込み、iPhoneの写真を消したら、Macの写真も消えてしまって、画像が残ってません…orz)

タイ在住の日本の方々にもお会いできて楽しかったです。
おかげで現地の肌感覚の情報は大事だと感じました。

そして、BTS沿いにデパートが多いのには驚きました。こんなに建てて、お客さんかなり分散しちゃうのでは?と思うほど。
駅直結だから、雨が降っても濡れずに行きやすいのはよかったです。

今回利用した移動手段は、BTS(電車)、タクシー、トゥクトゥク、徒歩でした。
次回は、バンコクのUberにも乗ってみたいです。

バイクタクシーは慣れてないと振り落とされて交通事故に遭う危険があるから止めた方が良いと言われ、止めました。
初心者にはハードルが高い、というか身の危険度が高く命の危険があるので、いくら安いといえどバイク慣れしているわけでなければやめたほうが良いです。

本当に物価が高くない国なので、トータルあまりお金を使わずに済みました。
3泊4日でお土産や食事等すべて合わせて数万円程度です。

タイ古式マッサージが2時間で500バーツ(1,500円くらい)+チップという料金には驚きました!
日本だったら2時間で1万円は越えるのに…。これは通いたくなります。

スーパーや屋台の買い物も安く済みます。
ホテルや高級料理店に行けば値段は日本と変わらないくらいなのですが、この価格差はすごいな〜と思いました。

賃貸物件も日本に比べてまだ安めでした。
 
日本からも飛行機で5〜7時間と近いので、また行きたいと思える国で、女性一人でもバンコクの賑やかなところなら安心だと思います。

→ 行ってきました!2回目のバンコク(今度は二人旅)
こちらは写真がたくさんあります(苦笑)

シェアする?

フォローする?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です