Airbnbを海外で利用してきて思うこと(クーポン招待付き)


airbnb japan

Airbnb(エアービーアンドビー)は、2008年8月に創業した本社・カリフォルニア州サンフランシスコにあるAirbnb.Incのサービス名です。
社名=ブランド名になっています。

ホテルと違い、一般家庭の方が間貸しをしたり、物件オーナーが空き物件をAirbnbに登録して貸したりと、現地の人が宿を提供してくれる宿泊施設です。

はじめは、「bnb(ビーアンドビー)」という名前の通り、bed and breakfast(ベッドとブレックファースト)だったのですが、
それだとホスト側の登録者が少ないという理由もあり(朝食を作るのが手間)、今は朝食無しの素泊まりタイプのお家が多いです。

私は、Airbnbを2014年2月から使い始めました。
きっかけは、サンフランシスコの2週間滞在。

サンフランシスコとサウスベイエリアの移動があり、以前サウスベイエリアでAirbnbを使って滞在してきたパートナーにすすめられて泊まることにしました。
 
それまでは、『ホテルの方が断然よいのではないか?』と思ってきたのですが、Airbnbの良さを知ってから、海外出張やレジャーで行くときはホテルとAirbnbの両方を調べてから良い方を使うことにしています。

そこで、今まで使ってきた海外のAirbnbステイ先に触れながら、これからAirbnbを使う日本人向けに良し悪しを伝えていこうと思います。

Airbnbの登録方法

airbnb-top01
 
https://www.airbnb.jp/
にアクセスしてアカウント作成をします。

私は、登録時にパートナーから招待してもらったので、¥3,082のAirbnb割引クーポン(ドル基準なので変動する可能性あります)をもらえました。
私が登録したことで、パートナーにも同額のクーポンが送られたそうです。
これは、お互いに割引で宿泊できるのでラッキーでした(^^)v

クーポンを利用したい方は、

からアクセスしてご登録下さい。私からの招待URL(クーポンコード)です。

airbnb アカウント作成

Facebookやgoogleアカウントで登録できますし、メールアドレスでも可能です。
私は、Facebookを使っているので、そのアカウントで登録しました。
 
アカウントを作成すると、世界中のAirbnbに登録されている宿が見られます。
日本でもかなり登録数が増え、都内は前はパラパラしか探せなかったのに、2015年6月にはすでに100件近くの宿があります。

世界のAirbnbは、ホテルでは見られないおもしろ物件もたくさんあります。

airbnb-house01

ツリーハウス

ドッグハウス

airbnb england castle

airbnb 海外

ログハウス、ツリーハウス、ドッグハウス(?)、お城、ゴージャスなプール付きの一戸建て、などなどアドベンチャーな物件からラグジュアリーな物件までなんでも揃っているのが魅力的です。

こういうところに泊まりたくなってくると、ホテルとは得たい体験が全く異なりますね。

ちょっと先の話をしてしまうと、海外パッケージツアーにはない外国のホストとの触れ合いが楽しかったり、
現地に住む人たちの選ぶレストランなどローカルな場所にも行きやすくなったりします。

個人で選んで行くので、団体行動はありませんし(4〜6人で泊まれるハウスもあるので集団利用は可能)、ガイドさんにせっつかれることも皆無。
家族や友達で一戸建てというのも楽しいものです。

Airbnbを海外3カ所で利用した感想

IMG_8301

私は、年3,4回ほど海外出張をするのですが、Airbnbを利用した国は、
・USの西海岸、サンフランシスコとサウスベイエリア
・タイのバンコク(タイで一番栄えている都市、ビジネスならココ)
・台湾の台北(台湾で一番栄えている都市)
の3カ国です。

1回目:サンフランシスコ

初めて使う機会が訪れたのが、サンフランシスコとサウスベイエリア(シリコンバレー界隈)でした。
2週間の滞在で仕事やプライベートの用事があり、2人で泊まれる宿を探しました。
1件目はパートナーが使って絶賛していたホストのお家の1部屋を借りるタイプの宿を予約しました。

IMG_0118.JPG

2件目は高級住宅街の、これもホストのお家の1部屋を借りました。
(もう1部屋は他のAirbnbユーザーが使っていました。)

IMG_0295.JPG
 
 
 

satomi-prof

<感想>
・1件目は、とにかく部屋が広い!クローゼットもあるし、バスタブもある。プライベート空間が気持ちいい。
・キッチンや洗濯機を使ってOKだったので、海外での生活体験ができた気分だった。
・2件目は、高級住宅街の一戸建てってどんなもの?というのがわかった。
・ホストがスタートアップの夫婦で話が興味深かった(すべて英語)。
・部屋は広くはなかったがウェルカムカードとプチ菓子が嬉しかった。

  
もっと詳しくステイの感想を読みたい場合は、
→ シリコンバレーのステイ先(Airbnb)
  

2回目:バンコク

バンコク 大通り
タイのバンコクでは、2件ステイしました。

1件目はアパートメント(日本で言うマンションタイプ)で、オーナーもいるところ
借りたときはオーナーが出かけてて貸し切りでした。
バンコク airbnb

1LDKのLDK部分を使わせてもらいました。(1roomがオーナーさん専用。)

ソファーベット利用で、アソークのMRTの近くで、立地の割に安くステイできました。
一泊2,200円程度です。

2件目はコンドミニアムで、プールやジムが付いていて、利用者専用に用意された物件でした。(オーナーは物件を貸し出していて、住んでいる場所は別の所。)
バンコク airbnb

1LDKでとても広々して快適!
管理者は別の担当者で初日にカギを渡して、利用案内をしてくれました。
バンコク airbnb

プールも利用。他に、ヨガルームでヨガをしてきました(笑)。
バンコク airbnb

 

satomi-prof

<感想>
・1件目は、行く前のホストのやりとりで丁寧だったのがよかった。
・ソファベットだったので寝心地はあまりよくなかったけど、トータルの値段を考えたらこのくらいでも妥協かな。
・2件目は、コンドミニアムでパーフェクト!お風呂場は寝室からガラス1枚で丸見え!?ブラインドを下ろして入りました(笑)
・出かけることが多いスケジュールなのが悔やまれるくらい、もっとのんびり部屋に居たかった。
・バンコクは毎日暑くて、プールで熱冷ましした。

  

3回目:台北(たいぺい)

台湾 桃園空港
2015年の晩春に台湾の台北にいきました。
このとき人生初のゲストハウス利用を試みました。

aribnb 台北 ゲストハウス

なぜ30代にして初めてゲストハウスを使ってみたかというと、
わざわざゲストハウスを使うつもりはありませんでした(笑)。

ただ、Airbnbには世界中に「スーパーホスト」というホストさんたちがいて、その人のお部屋に泊まってみたかったのです。

super_host_50-49スーパーホストとは、コミットメント(責任遂行能力)、旅行者への迅速対応、ホスティングの体験、リスティングの質を占う合格基準をクリアしたホストを認定するプログラムのことです。スタイルはまちまちですが、みなホスピタリティの主な目標値はクリアしています。

 
選んで予約した後に、ゲストハウスと判明。
(異様に安かったのはそのためか!と気づいたのが予約後でキャンセルもしづらく…思い切って使ってみたら案外いけた!という話です。)

 

satomi-prof

<感想>
・ゲストハウスはとてもにぎやかで、今までのAirbnbの宿よりチープではあったのですが、ホストの対応が非常によくて感動。
 (これはもう部屋が云々ではなく、台湾人のホスピタリティーに触れるため、みたいな目的になっていたと思います。)
・あ、ゲストハウスでも私泊まれる……と自信がついた(笑)。
・朝4:30のタクシー(かつクレジットカード支払い)をホストが予約してくれて、料金も交渉してくれていた。
・周辺のおすすめカフェを教えてもらって行ったら、美味しすぎてまた来たくなった。
  • トイレとシャワールームが一体でびっくりしたけど、なんとか使えた。
  • 日本人が安心してステイできるAirbnbの条件は?

    ホテルでもAirbnbでもそうですが、日本の宿泊施設とサービスのクオリティーは非常に高いです!
    日本では当然でも、海外ではなくて当然のようなものがたくさんあります。

    ですので、自分ではここは外せない!という条件を予めリストアップしておくことをおすすめします。

    例えば、バスタブがあるかないか。
    ホテルでも安いところだとシャワーのみのところもありますが、Airbnbもシャワーonlyのところはあります。
    他にも、アメニティがないとか寝間着がないとか、準備していくものも変わってくるので、条件の書き出しとチェックをしておけば安心です。

    私の場合の条件を例に挙げてみますね。

    ・ホストや宿の評価が高い(新規登録のものは判断できないので、ホストとのメッセージやり取りで判断)
    ・インターネットが使える(ワイヤレスorケーブル)
    ・4日以上滞在する場合はバスタブ付き(3日までならシャワーでもOK!)
    ・洗濯機付き(衣類を極力減らすため、ホテルにはないがAirbnbにある洗濯機を活用!)
    ・タオルや寝間着、アメニティは自分のものを使うので不要(日本で使っているものが気持ちいいという理由)
    ・朝食不要(朝は軽くてOKなので)
    ・エアコン付き(夏場は必須。あってもホテル同様空調が利かないところがあるので、これはその国の整備具合によるのかと)
    ・交通の便がよい立地(電車、タクシー、バスなどを利用するため)
    ・トイレや水回りの写真が掲載されている(ここ汚れてたらNG)
    ・コーヒーや紅茶、茶菓子等の簡単なものは用意しておいてくれる(ホストの気配りが感じられる部分)
    ・清潔そうな室内写真(プロカメラマンの撮影だと見栄えがいいので、実際とのギャップが生じることがあります。その中でも、物がごちゃごちゃしてない、家具の色使いがシンプル、などは確認できます)
    ・日本では体験できない物件を優先する
    ・ウェルカム感がある

    いかがでしょうか?
    自分なりの心地よいステイをするための条件の書き出しってなかなかしないですよね。
    こんな機会に、自分のこだわりを確認してみるのも、今後の海外旅行時に役立ちますので試してみてください。
     
    もちろん、思い通りのステイができないことがありますが、私はそれは旅先でのチャレンジと捉えて自分のキャパシティーを広げるようにしています。
     
    もし、『思い通りじゃなきゃ嫌だ!それ以外は許せない!』というタイプの方は、無難にホテルを選ぶことをおススメします。
    20代前半の私だったら、『サバイバルチックなお宿は勘弁!リラックスなんてできやしない。』と思っていたので、ホテルを選んだことでしょう。

    Airbnbにあってホテルにないもの、またその逆

    Airbnbにあってホテルにないもの。
    それは現地の感覚がつかめるか否か。
     
    ホテルだと心地よく対応してくれるとか、シャンデリアがきれい、バーの雰囲気がいい、とかいつもと違う空間演出が上手で、現地の人の生活環境の感覚は分かりません。
    (金額の面でも)

    その点、Airbnbは一戸建てやマンンション、コンドなど様々なタイプが掲載されていて、生活環境をかいま見ることができます。

    ホストとのやりとりも勉強になります。
    英語、中国語がメインで使えればOKでしょう。
    (日本語対応してくれるホストもいるとは思いますが、現状少ないです。)

    世界は広く、社交的だ、ということも分かると思います。
      
    日本人はもっと海外の文化や言語、価値観の違いに触れていくべきだと思いますので、
    『日本語が話せるスタッフがいて安心〜』
    『自分の言いたいことがスムーズに伝わる〜』
    という内向的満足体験だけで帰ってくるのはもったいないです。
      
    伝わらない、分かり合えない、その中でも工夫して伝え合い、分かり合う、というプロセスを安心して踏めるのがAirbnbのよいところでもあります。
      
    しかも、お金をかけずにできます。
    ホテルのように高額な請求もありませんし、お金だけで解決するものでもありません。
      
    そういう楽しみ方もできるようになれば、もっと人生の幅が広がって、海外に引越したりビジネスで行かなければならなくなったときでも慌てずに済むかもしれません。

    そして、ホテルにあってAirbnbにないもの。
    それは、接待力
     
    Airbnbは接客業のプロではありません。
    人によって対応の良し悪しがでてきてしまうものです。
    特に、日本人の接待力は優れているので、それと比較すると劣ることが多いと思います。
    一般の人がホストである、という点でホテルクオリティには勝てないと思います。
    (もちろん、台湾のスーパーホストのようにホテルより優れた対応をしてくれる人もいます。)

    最後のほうは、私個人の意見も入ってしまいましたが(苦笑)、
    ぜひホテルやAirbnb、その他モーテルやゲストハウスなど、世界中の宿の中から自分で楽しめるところを見つけてみてください。

    これからは、日本はますます世界に進出して仕事をしなければいけない環境になっていくと思うので、今の内からいろいろな人に触れて、ビジネスだけではなく、世界中に友達がいる環境を作って行くと、より安心して楽しい人生が送れると思います。

    シェアする?

    フォローする?

    コメント

    1. Merkatz より:

      はじめまして。

      アメリカに住んでおり、Airbnbに興味はあったのですがどんなもんなのか知りたくて調べていたらこちらに辿り着きました。

      面白そうなので、早速登録しました!プロモコード利用させて頂きましたので、お礼がてらコメントさせて頂きました!

      • 管理者 より:

        Merkatzさん

        はじめまして、コメントありがとうございます。

        アメリカのAirbnbはたくさん登録があると思いますので、多種多様なお家を楽しめそうですね。

        また、ブログも拝見させていただき、プライベートパイロットトレーニングもされているとことで、すごいですね!

        エアーショーは非常にわくわくしました。
        またブログ訪問させていただきます。

        この度は、ありがとうございました。

        • Merkatz より:

          アメリカはこの手のマッチング系サービスが最近多い様に感じます。
          細かい事にあまり頓着しない国民性なのか、考え方が合理的なのか。

          シカゴ郊外に住んでるんですが、たまには気分を変えてダウンタウンのタワーマンションに泊まってみたりするのも面白いかな、と思ってます。

          当方のブログにもお越し頂いたとの事で、ありがとうございます。
          思いっきりアメリカ生活をエンジョイしようと思っていたら、当初思ってもみなかった飛行機操縦に行き着きました。。。笑

          今後ともよろしくお願いします♪

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です